Prayerful-Funeral

葬式の断り方を伝授|いざという時に困らない

神式とキリスト教式が主流

家族葬や音楽葬なども人気

女の人

日本人のおよそ9割が僧侶の読経による仏式のお葬式を行っています。
しかし、近年では故人の趣味や意向を考慮した仏式以外でのお葬式を選ぶ人が増加しています。
仏式以外の宗教によるものでは、神式やキリスト教式などが一般的です。
神式によるお葬式は正式には神葬祭と呼ばれ、神社では行わず葬儀場やホールで行います。
また、お線香や焼香などは使用せず、戒名もありません。
神式のお葬式は、故人を家に留めて守護神になってもらうための儀式とされています。
キリスト教式は教会で行うのが一般的で、神父や牧師によって執り行われます。
聖書の朗読があり讃美歌や聖歌を歌い、献花をささげるのがキリスト教式です。
ただしプロテスタント教会の場合は洗礼を受けていない人でもできますが、カトリック教会のお葬式は洗礼を受けた信者のみとなっています。
また、無宗教のお葬式で多いのが自由葬です。
自由葬は宗教儀礼者がいないので無宗教葬とも呼ばれます。
故人や遺族の意向で行う自由葬はその名の通り自由な形式で、葬儀社やホールとの打ち合わせで式の内容を決めていきます。
音楽葬なども自由葬のひとつで、故人が好きだった音楽を流したり、演奏するスタイルです。
身内だけで行う家族葬も自由葬のひとつです。
更に「葬」の文字が付かないお別れ会や偲ぶ会というスタイルを選ぶ人も増えています。
大東市での仏式以外のお葬式は、キリスト教式ならプロテスタント教会が大東市には多く、カトリック教会も1つあります。
更に大東市隣の門真市にもカトリック教会があります。
自由葬や神式は大東市中心部の住道駅や四条畷駅周辺に集まっている葬儀社やホールに相談するとよいでしょう。

一日葬のメリット

葬儀会場

大東市で行われる葬式の中には、通夜を行わない一日葬というものがあります。
葬式を告別式のみにすることで、遺族の負担を軽くすることができます。
さらに参列者をもてなす飲食物や返礼品が1日分となり、会場費や葬儀社のスタッフへかかる人件費なども減るため、葬式にかかる費用を抑えることができます。
大東市外など遠方から来る会葬者らにとっても、宿泊費や交通費が抑えられるのはメリットです。
大東市で行われる一日葬の流れは、一般的な葬式と大差はありません。
臨終後は退院手続きをし、葬儀社などへ連絡して遺体を指定場所に搬送してもらいます。
それから、葬式の細かな内容を葬儀社と打ち合わせます。
相談内容は、葬儀の時間や火葬場、仏式か無宗教式かなどです。
内容が決まったら、近親者や友人などの呼ぶ人や菩提寺などへ告別式の日程を電話などで伝えます。
遺体を整え着替えを行い棺に納めたら、遺族が行う告別式準備はある程度完了です。
そして告別式を行い、式終了後は式中初七日法要を行うのが一般的です。
場合によっては火葬後に行ったり、あるいは行わなかったりします。
その後は火葬しますが、火葬は時間を有するため、その間に食事を取ることが多いです。
火葬が終わればお骨上げをし、一日葬の終了です。
大東市では、参列者が少人数だったり高齢者が多かったりする場合に一日葬を選ぶ人が多くなっています。
会場設営のために会場使用料金が2日分かかってしまう可能性もありますが、参列者の負担を軽くすることを優先するのであれば良い選択肢と言えます。

様々な種類があります

式場

故人をお見送りする儀式として「葬式」があります。
この葬式には様々な種類があります。
まず、挙げられるのが一般葬という葬式です。
これは、故人の会社関係者や友人など葬式へ参列する人を特に限定しない形で執り行われるものとなっています。
大規模な葬式となるため会場もそれなりの広さを確保する必要があり、また費用も高価であることが特徴です。
大東市では、かつては一般葬が主流でしたが、近年では費用面や負担面から減少傾向にあります。
そして、次に挙げられるのが家族葬です。
参列者を家族や親類のみに限定して執り行われるもので、比較的小規模で実施されます。
このため、会場のキャパシティーもそれほど必要なく、費用も安いところが特徴です。
近年では、手軽に実施できるという面で、大東市ではこの家族葬が主流となっています。
また家族や親類の中でも特に故人との関わりが深い人のみが参列する密葬というものがあります。
本来、参列者が多い場合においては、まず密葬を行い、その後改めて準備を整えた上で本葬儀を行ないます。
しかし、近年大東市では密葬のみで執り行う家庭が多くなっています。
その意味で、家族葬も密葬もほぼ同じ特徴を有していると言えます。
このほか火葬のみ執り行う直葬という葬式もあります。
火葬のみの実施ですので、儀式が簡便で短時間で終了するという特徴があります。
大東市内の会場が借りられないなど、特別な事情により執り行われるものとなっています。